釣りとルアーと、ときどき陸来。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い切ってみました。

いやー、公私ともに忙しすぎる時期に
何やってんだか。

思い切り過ぎだっチューのってくらい大きなあづくり作ってしましました。

体長55mm紙粘土製。  完全に蓼の海用で~す。

現行のあづくりが40mmだから35mmだとか45mmを作るのが
普通だろ!!と自分に一喝

でもでも・・・面白そうなんだもん

くりむく55mm

動きはあづくりとほぼ同じだから意外と意外かもよ。

次回、蓼の海の大会でテストしてみます。

スポンサーサイト

蓼の海に行ってきました。

先週に引き続き蓼の海に行ってきました。
現場に入ったのは午前11時過ぎ、どうせ釣れないかな~なんて思いながら
ゆっくり家を出ました。

天気 : 晴れ
水温 : 21℃
水質 : クリア

蓼の海2008.9

湖の状態を観察したところ、風もなく水が澄んでいたため、
水中の駆け上がり沿いにびっしり帯状に水草が生えているのが見えました。
まるで、水中にある生垣のようです。
その生垣を乗り越えて泳ぐ魚の姿までは確認できませんでしたが・・・。


まあ、とりあえずスプーン5gを遠投し、底まで沈め底をこずくイメージで
竿をあおりながらリトリーブしてみます。
が、いっこうに当たりがありません。


そこで、底の釣りから通常の巻きの釣りに変更し、各層をトレースしている最中、
遠投しようとキャストに力が入ったその時、PEラインがガイドに絡み、通常の半分程の所に着水。

ガイドの絡みを外し、近くに落ちたスプーンを投げなおそうと、かなり早めのリトリーブで回収する途中、

「 ドシン 」 と強烈な生命感!!

予期せぬ当たりモードになんとかびっくり合わせを入れることができました。

スプーン5gで

引きは強烈で、蓼の海の魚ってこんなに強かったっけー?と思うほどでした。

シーズン前半に放流された魚が水になじんだからなのか、この頃釣れる魚は
コンディションが良く、引きが強くて楽しいですよ~。

(魚の絶対数は少なめですけど・・・)


プチ情報
流れ込みが止まっていたせいか、ライズも湖全体で起きるようになっていました。
やっとシーズン後半が始まったようです。



三十路丸でしか釣れないような日

3連休の中日、あづみ野FCに行ってきました。

あづみ野FC

のっけからすみません。本日、激渋でした。

スプーンは当然として、クランクもかなり当たりません。だからって底の釣りも・・(←下手だからでしょ。)
今日一日どうしようかと悩むレベルの釣れない状態。こんなの初めて・・・ってほど。

あづのこ・・・はいっダメ。
あづくり・・・んん、やっぱダメ。
あづのこ40・・・当然?ダメ。
あづくり色替え・・・少し・・や、やっぱダメ。

正直、ネタ切れです。

そんな中、唯一反応の違うルアーがありました。

ハンドメイドルアー 工房味平さんの 「 三十路丸 」 です。

以前より、この三十路しか反応しない激渋な時があると話には聞いていましたが、
今日がその日なんて感じです。

くりむく堂にはないあの動き、超超スローリトリーブ(巻かないくらいがちょうどいい)を信じながら
釣ればなんとか当たりを引き出せるのです。

いやー三十路丸の実力を実感してしまいました。

槻の池に行ってきました。

槻の池

情報によると水温も順調に下がりだし、少し前に放流した魚の活性が上がりつつあるとのことで、
久しぶりに槻の池に行ってきました。

天気 : 晴れ
水温 : 20.5℃(お昼過ぎ)

まず、受付前の初心者優先(私、初心者なので。)のT型の桟橋に釣り座を構え
様子をうかがいます。


最初に結ぶのはあづくりです。 ← 朝一からクランクかよ!


まあ、一匹かけて安心したらスプーンに変更しますからご安心を・・・。
・・・・・・・・・・・・全然当たりがありません。


あ、今日は駄目な日。
残念ながら第一投目で感じてしまいました。


隣の方の巻き、ボトムも釣れていません。
今日は確実にダメな日


そして、フライの方も・・・。



でも、ルアービルダーの意地がありますのでなんとかしましょう。
あづくり色の変更です。 ← 単純


結果、また駄目です。


ではでは、スピードを変えるため、思い切ってスプーンにチェンジします。
MIU2.2g オリーブ行ってこーい!

って、ほんとにそのまま行って来てしまいます。

どうしましょ。


お次は、巻きをあきらめてMIU3.5g赤金を沈めてみます。
着底後、一回目のフリップに竿先が引き込まれる明確な当たり!!
少し、集中力が切れていたためびっくり合わせを実行。

すっぽ抜け。

でも分かった!今日のパターン。

光り物がキーのようです。( ← 底というキーは意識的に忘れる。)


もう、悩むことはございません。遠投後のややファーストリトリーブの赤金。

PEラインを伝わって鱒がじゃれつく前当たりを察知し、本当たりでの確実な
フッキングに成功。
釣り開始から30分以上の出来事でした。

晴れて、スプーンの釣りを有終の美にて終了し、
またまた、クランクに変更するも明確なパターンが見つからず、もやもやの一日でした。

いつもなら底の釣りはしませんが( ← できませんでしょ!)、今日はさすがに
底釣りをしてしまうほどの低活性でした。


最後に、なんとか釣れた婚姻色で赤みをおびたヤマメでもご覧ください。
婚姻色ヤマメ


「いやぁー、槻の池って本当に(「ほんっとうに」と発音)難しいですね~」(水野晴朗風ですみません。)


プロフィール

くりむく

Author:くりむく
この頃
こんな箱を持って
釣り場に行ってます。
見かけたら声をかけ
てください。
くりむくです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。