釣りとルアーと、ときどき陸来。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諏訪湖マラソンに行ってきました。

かなり前ですが、当ブログで紹介した諏訪湖マラソンに出場してしてきました。

競技内容はハーフ(21.0975km)を制限時間2時間40分以内に走るものです。
参加人数は約7000人の大会です。

そして自分は2時間以内(歩かない)を目標なんて申していましたが、自己申告のフィニッシュ時間は2時間30分クラスでスタートしました。

ゴールライン
(写真は2時間後にゴールするであろうゴールのゲートです。)


いよいよ、午前10時スタートです。
自分のスタート位置はかなり後ろのため、スタートラインにたどり着くまで7分ほどかかって
スタートしました。

スタートしてすぐの目標は、自分に合ったペースメーカーを探すことです。
それも、なるべく女性。あえて男性よりは・・・。

しばらくして見つけました。
ピッチ走法の小柄な彼女。走りの状況からかなり走り慣れている様子。
はじめの4kは彼女の後ろをピタリとマークしながらレースを進めます。

しかし、その後、彼女の調子が上がってきたのか徐々に間隔をあけられていきます。
ここで決断、置いて行かれるより、少しオーバーペースだが引っ張っていってもらって気づいたらゴール!!
なんて、後先考えずの作戦に出ましたが、オーバーペースのまま残り約16kmは無理でした。

徐々に離され、せっかくのペースメーカーを見失ったので次のペースメーカー探し。やはり、女性。

だけど自分に合った人が見つかりません。そして、さっきまでのオーバーペースがじわじわ自分の体力に
影響を及ぼし始めました。

マラソンコースには1kmごとに走った距離の看板が設置され、今の表示は 「 8km 」。
今回の練習では8kmぐらいの練習しか走っておらず、これより先は未知の世界に突入です!!

先ほどのオーバーペースと未知の領域のダブルパンチで足が前に進みません。
歩いてしまおうかなーなんて思ったその時。

沿道から愛の手が・・・。

有志で飴を配る人が居るじゃないですか。すかさず手を伸ばし飴玉GET!!
あまり確認せず、口に運びます。

が、なんと 「 黒飴 」 

なぜに黒飴。確実にのどが渇くじゃないですか・・・。(涙
でも、文句は言えません。この飴玉をこのまま口にとどめるリスクを考え、ガリガリと噛み砕きましたが、
余計のどが渇いてしまう判断ミス。

先ほどのダブルパンチに加えて、トリプルパンチ頂きました。

その後、あっけなく歩いてしまいました(約束やっぶってごめんなさい)。

一度歩き出すとほんと走りが続かなくなり、制限時間の2時間40分がすぐそこまでせまって来ています。
沿道の交通整理の係員に時間を尋ねながらの非常に辛いレース展開を強いられています。

体力的と言うより精神的に頑張れず、後半かなり歩いてしまいました。

ゴールまであと3km。

ちゃんと走れば15分ほどの距離ですが、この時点でかなり限界。
このまま歩いたら完走ならず。

ここで、最後の力を振り絞り、ペースメーカー探し(また女性)。
そして、何とか制限時間内の2時間30分ちょうどでゴールしました。

ゴール後は、お目当ての 「 信州リンゴ 」 をいただき、丸かじり。
信州リンゴ
(歯茎から血が出ず少し安心です。)


く~!! いやホントおいしい。


スポンサーサイト

東京へ行ってきました。

東京観光と言えば 東京タワー ? 
ということで展望台からの景色を楽しんできました。

今まで、2回東京タワーに来たことがあります。
一度目は自分が小さな頃、親に連れられて登り、セットで上野動物園に行った思い出です。

そして、2度目の今回は一歳半の息子、陸来( りく )と楽しみました。

東京タワー

やはり、地方に住む私にとって東京タワーはちょっと特別で、これが見えると東京に来たな~
なんて感じてしまいます。

展望台に登り、景色を眺めながら右回りにフロワーを移動します。

そこで、一回200円?の双眼鏡など設置されていますが、大気汚染の影響であまり遠くまで
見通せない現実が・・・。なにか少し寂しい感じでした。

初めて高い所に登った息子は、
ここから落ちたら死ぬんだなーなんて恐怖もなく、緊張感の無いままガラス張りの床の所ではしゃいでいました。(前来た時はもっとガラス張りのサイズが小さかった様な気がします。)


今回、東京タワーに来たホントの目的は、3階にある 蝋人形館 を見る予定(自分だけ?)でしたが、
家族からの反対と入場料500円に負けて次回のお楽しみとなりました。(楽しめるかは少し不安ですが・・・)

ただ、展望台に登り、下のお土産屋さんで 『 一番Tシャツ 』 を見たり、東京バナナを買ったりしただけなのにかなり楽しい一日でした。

皆さんも、今一度、東京タワー観光などいかがでしょうか?


蓼の海 月例会に行ってきました。

高水温期をすぎてはじめての蓼の海の月例会(会員対象釣り大会)に行ってきました。

この10月に開催される大会は、いつも状況が読み切れず、あまりいい釣りが期待できない
自分としては難しい大会です。

今回、放流場所や昨年までの状況を考慮し、事前に釣り座を決めていました。
釣り座候補① : 大岩
    候補② : ケンチブロック切れ目
    候補③ : 放流地点
    候補④ : 下諏訪側堤防


受付を済まし、第一候補の大岩を目指します。この場所は足もとから駆け上がりとなり最深部にも近く、
当たりが安定して長続きする場所です。 が、既に先行者が・・・。 あきらめます。

次の候補、ケンチブロック切れ目へ向かいます。自分は一度しかいい思いをしていない場所ですが、
ここに入る人の優勝率が高い気がする場所です。でもこの場所足場が悪く、取り込みまでひやひやする欠点もあります。
今回の大会は、ここに決めました。


ちなみに候補③の放流地点は、この時期意外と放流魚パターンが効かないなんてことも考えられましたのでパスしました。


ではでは、釣り場の状況をみるため水温を計ってみます。 → 16℃ 意外と水温下がったのね・・・。
魚の養魚場の湧水の温度とほぼ同じです。


ここで少し嫌な予感。


こんな適水温度で、活性の高めの魚が放流地点にかたまっていたら、対岸でいい釣りになってしまうな~。

ほんとはもっと水温が高めで、冷たい場所から持ってきた放流魚がまいっている間に、なんとか居着きの魚を取る予定でした。。


でも、状況が違うようです。


まず、緑金スプーン5gで様子をみます。様子を見ただけで全く反応ありません。
次に、お得意のペイントカラーのスプーンを入れますが全く、全くです。

じゃあ、底の釣りだと沈めてみますが水草に絡み過ぎて面白くありません。


そこで、場所移動を考え、候補④の下諏訪側堤防を見ると、これまた既に人が!!
やっぱり移動もあきらめです。


ハイ、またネタがありません。


結局、針に絡むような当たりは皆無で、残念ながらボーズ頂きました。


まあ、こんな時には紅葉した綺麗な風景でも・・・・(涙
10月月例会


あ、そうそう気を取り直して
この前、当ブログで紹介した 「 あづくり55mm 」 のレポートです。

動きはやはりオリジナルあづくりと同じでした。
ボディーが大きく長いぶん、大きくゆっくりなウォブリングですが。

最大到達深度は 約3m で

竿先をあげての浅めのトレースは 約1m ほどです。

レンジキープし易く、かなりいい出来です。 ← 自画自賛


こんなルアーのレポートは、釣れた日にお伝えするもんだなーと思う・・・。



プロフィール

くりむく

Author:くりむく
この頃
こんな箱を持って
釣り場に行ってます。
見かけたら声をかけ
てください。
くりむくです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。