釣りとルアーと、ときどき陸来。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渓流解禁で新型ミノーテスト

先日、2月16日に長野県の諏訪周辺では渓流が解禁いたしました。
そこで、釣行といいますか、新型バルサミノーのテストに行ってきました。

解禁日の頃は、季節はずれの温かい気温でしたが、数日前に降り積もった雪景色の中のルアーテストになりました。

バルサ40mm(アマゴカラー)

釣り場につき、参考までにと水温を計ります。

「 3℃弱 」

もしも、なんて期待も吹っ飛び、完全にルアーテストに切り替えです。


さて、ウエーダーに履き替え、3℃の川の中へ・・・。

「 ジワー !! 」

ひ、左足が・・・・。十数年戦士、いや、20年くらいのウエーダーに水漏れが!
先ほど水温を計ったせいで余計冷たく感じます。

水漏れの症状は
水中でのつま先立ち時に漏れる断続的な水漏れ。そのため、極力その動きをしないように遡行します。



ポイントは、こんな時期には教科書どうりの流れの緩やかなポイントを狙って、ルアーを送り込み、竿先を震わせるようなシェイキングで誘いますが、当然のように魚の姿は見えません。
本日、最高のポイント

たまに、水面の波がミノーを追いかける大きな魚に見えて、ドキドキしたりしますが、間違いのようです。



ルアーの状況はと言いますと、かなりいい感触です。
今までの、ポリカーボ製のリップをPRPリップに変更したところ、水の捉えが良く、小さなスポットでのネチネチな誘いができそうです。

今回のテストで一番気にしていましたFRPリップの折れなども、積極的に川底に当て込む使用にも問題なさそうです。



今年は、自然フィールドだと意気込み、雪景色の釣行を強行しましたが、もっと暖かくなってからがいいと当然ながら感じました。
その頃までには、ウエーダーを修理し(まだ使うんですか?)、綺麗な渓魚と楽しめればな~。




スポンサーサイト

バレンタインいかがでした?

私は嫁からケーキのモンブランを一つプレゼントされ、3月14日のお返しを
約束されました。何倍返しになるのでしょうか・・・

さてさて、以前よりゆっくり過ぎるペースで進めておりましたバルサミノーの
リップ付けが終わりました。

今まで発売していましたミノーにはポリカーボネート製のリップを取り付けていましたが、
モデルチェンジした今回のロットからFRPリップに変更しようと思っています。

ミノー30mm

ポリカーボネート製リップのころは、リップを取り付ける部分を掘り込む方式で、差し込んでいましたが、
今回からはリップ取り付け部分にノコギリで切れ込みを入れる方式に変えてみました。

でも、この方式、難しい。
写真の二つは角度もバラバラ、左の物に関しては、ノコギリ溝が二本。

こりゃーリップ溝切り用の治具が必要ですね。

そういえば、湖用クランク

インフルエンザが猛威をふるうなか、いかがお過ごしですか。

私は、恥ずかしながら、予防接種したにもかかわらず、5日ほど戦線離脱していました。
手洗い、マスク励行して、お体に気を付けてください。



さて、以前よりほのめかしておりました、湖用クランクについて少しご報告を、

湖用クランク
実は、
量産試作品の塗装が終了いたしました。(テスト用、5個だけ) ←ファットクランクとは別です。

製作コンセプトは
①スプーン並み?の遠投が可能なこと
②スローリトリーブで使用可能なこと
③大場所でもアピールできること・・・等

もう少し違う方向から
湖用クランク(横から)
湖用クランク(上から)

こんな形で進めています。(かっこ悪い!?でも要求仕様があれで、あれなもんで。)
試作品での遠投性能はかなりのもので、
今シーズン、蓼の海で最終テストを行って製品化できればと・・・

いいのできればな~

プロフィール

くりむく

Author:くりむく
この頃
こんな箱を持って
釣り場に行ってます。
見かけたら声をかけ
てください。
くりむくです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。