釣りとルアーと、ときどき陸来。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諏訪湖の流れ込みに行ってきました。

今年は自然フィールドということで
渓流に引き続き諏訪湖へのインレットに行ってきました。

今回の目的は地元でノボリ鱒、川鱒、諏訪湖鱒?などと呼ばれる湖沼性の雨子です。
川鱒なんて言うもんですからはじめブルックトラウトかと勘違いしてました。
(写真はかなり前に釣った時のものでイメージ映像です)
P1000001.jpg


はじめに言っておきますけど今回もボーズでしたからご安心を。


釣り方ですが、下の写真で波立ち方の違う境目辺りにスプーンを入れてリトリーブ。
諏訪湖インレット
まあ、積極的に放流していない場所ですのでほぼ当たりがありませんが、頑張って投げてみます。

が、今回は10cmほどの雨子が釣れただけで終了。(このときまだ朝6時です・・・涙)

毎度のことですが、釣れない状況に心が折れそうです。
でも、いつか50cmオーバーが出る時を信じて通いたいと思います。頑張るよ~。



あ、最後に、
くりむく堂売店にUPさせていただきました
新型クランク 「 ももくり 」 ですが、完売いたしました。
ご購入頂きました皆様に厚く御礼申し上げます。

今後も積極的に新製品をUPしていきますので宜しくお願い致します。
ありがとうございました。



スポンサーサイト

蓼の海でやっと釣れました。

はじめに先週の月例釣り大会のご報告を。
大会前日に200kg放流された状態で大会開始、
表面水温20℃越えのため5gスプーンを湖底まで沈めてのスローリトリーブを行いますが無反応。

ならばと間隔の長いデジマキをするがこれまた無反応。
スプーンローテーションをするも無反・・・・。

最後にいつもは使わないシルバーブルーのスプーンに替えたとたんに生命反応が!
先ほどと同じく長い間隔のデジマキにいつもと違う大きなラインのたるみ。
すかさず何回か合わせをいれ、足元まで寄せてきましたが慎重になるが故の痛恨のバラシ。

で、またボーズ頂いてしまいました。

数少ないチャンスに慎重になりすぎ、ドラグを緩め過ぎたのがバラシの原因かと・・・(涙


あのボーズ大会から一週間、
リベンジとばかりにこの週末、また蓼の海に行ってきました。
あれ?海に行くんじゃなかったケ~、まあそれは大人の理由で中止です。

海は海でも信州の蓼の海で我慢ということでここは。


で、攻め方はいつも通りスプーンを底まで沈めてのスローリトリーブ!
キャスト毎にコースを変えて広く探ります。

そのうち「 コンコン 」といったスプーンをつつく当たりが。
当たりのあった位置は周りよりも深い場所のようでその周辺にスプーンを沈めるとたまに当たってきます。

そこで、スプーンのカラーチェンジです。
今までの光物からパールホワイトに替え、同じく湖底を引くスローリトリーブで竿全体を引き込むような大きな当たりに合わせました。今回は慎重になり過ぎないようにある意味強引に寄せて早めの勝負に勝利しました。
あまり大きくない虹鱒でしたが、3ヶ月ぶりのキャッチでしたので、安心しました。
でも、これでやっと今年3本目。ここまでながかったな~

その後、気を良くしてもう一本追加で納竿としました。
なんとこの時期に一番活性の高い一日でした。

水温が上がるこの季節、ある意味魚のいる位置が限定される良い時期なのかもしれません。



あ、先日新型クランクの名前を「 ももくり 」と発表し、ついにパッケージが完成いたしました。
パッケージのデザインは、あの、どっこい製作所の大郷寺かぴばらさんです。
とても可愛いデザインになりました。
ももくりパッケージ
近々くりむく売店へUPする予定です。←売店への載せかた忘れてはいますが頑張ります。

お楽しみに。


名前決めました。

かなり前ですけど
新型クランクの名前が決まっていないことをお伝えして
名前急募なんて以前書いたことがありました。

そこで頂きました名前候補を少し

安曇海(あづみの+みずうみ=あづみ)
くりむつ
まさお
むくむっく
ももくり
LDクランク
ぴょーたん

命名ももくり

う~~ん名前って難しいですね。
で、うちの家族とも相談し、名前を決定いたしました。

名付けて、「 ももくり 」・・・。

そう、「 ももくり 」(ひらがな)にします。



選考の決め手は、
一度聞いたら忘れない強さがあること。←この場合は慣れか?
あづくりなどの 「 くり 」シリーズになること。
今後の展開性がありそうなとこ。
ちょっとエッチなこと。

こんな内容です。
名前を考えていただきました皆様には、ももくりをプレゼントさせていただきます。
ありがとうございました。そして、お楽しみに。

カレーライスさん申し訳ございません。ももくりの発送先を教えて下さい。
くりむく堂お問い合わせフォームでお待ちしております。




販売開始はパッケージの関係などでまだ未定ですが、くりむく堂売店に載せる予定です。
そのときにまたご連絡いたします。

ワカサギ釣れました。

ルアーのスイムテストを兼ねて
蓼の海で釣りしてきました。


そこでなんと、5gスプーンでワカサギが釣れてしまいました。
ワカサギ釣れた

スプーンを湖底まで沈め、浮き上がらない超スローリトリーブに
今までとは違う前あたりが! ←そりゃ~ワカサギだからね。

そのままリトリーブを続け本当たりに備えましたがそれっきり。
あの前当たりで合わせを入れればよかったと後悔しながら足元までリトリーブを続け、スプーンが見える頃、

なんかルアーにじゃれ付いている!

そのとき、小型の虹鱒かなーなんて見てましたが、小さすぎ。
どんどんルアーを追ってきます。(このとき針にかかっているとは思ってません)

あれれ!
針にかかってる。それも、ワカサギ!!てな感じ。

あ~え~、これ年間の匹数にカウントしていいですか?
このワカサギをカウントしても、今まで年間3匹です。

今年の蓼の海ほんと難しい。( ← 決して釣れないとは言いません)

今週末はシーズン前半最後の釣り大会です。
ここらでちょっとがんばるしかないでしょう。

メンテナンスが必要で楽しい遊び道具

今年の蓼の海
むずかっしっすねー。

のっけからすみません。先週末の釣り大会またもボーズ頂きました。
それどころか湖全体で1本も釣れなかったのでは?

そのくらい難しい!(そんなタフコンディションのなかで釣れたらたのしいのにな~)

まあ、それはさておき
この頃ちょっとしたメンテナンス マイブームがおきています。

そう!息子、陸来の遊び道具のトミカ にぎやかドライブです。
トミカ
このコースにトミカのミニカーを走らせて遊びます。
が、タイヤや路面に汚れが付いたりだとかですぐに走らなくなってしまいます。
そこで、車と路面のメンテナンスをおこなって走りを回復させる
メンテナンス遊びが楽しいおもちゃです。

メンテナンスは具体的に
①ミニカーのタイヤにこびり付いたゴミを取り除く。
②路面に付いた汚れのふき取り
③路面表面のコーティング

こんなことを一週間に二度三度行っています。

はじめは
路面コーティング用にスノーボードで使用した滑走ワックスを塗りこみ
(ホットワックスまではできませんでした)
試してみましたが、塗らないよりは効果がありました。
スキー用ワックス

しかし、持続性が今一で、
ワックスの粘性が埃を呼び寄せゴミが付きやすくなってしまいました。(ガリウムなのに~)


そのメンテナンス効果の持続性について悩みましたが、
ふと、樹脂の保護材ならばとアーマオール(車屋さんで売ってます)
の成分をみたところ

「 シリコン 」

これだ~!!
樹脂用ワックス

早速、路面にスプレイし、試走。

まさに、びゅんびゅん。

持続性も問題なく、逆に時間がたつにつれて馴染むのか
余計に走るようになる状態!
重心が高い車は
速過ぎてカーブで曲がりきれない程です。


もし、お友達でトミカが走らず困っている人がいましたら
お勧めしてみたらいかがでしょうか?←そんな人めったにいないよね~

プロフィール

くりむく

Author:くりむく
この頃
こんな箱を持って
釣り場に行ってます。
見かけたら声をかけ
てください。
くりむくです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。