釣りとルアーと、ときどき陸来。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八千穂レイクに行ってきました

八千穂レイク

釣行した日は平日です。
下界の通勤ラッシュに少しはまりながら雲の上の八千穂レイクを目ざしました。

地図で見ると諏訪方面から峠を越えたらすぐの近場のイメージでしたが、しかし、峠がすごく長い。
おまけに峠を越えてもいっこうに八千穂レイクが見えません。途中道を間違えたかななんて思う程でした。

やっとのことで目的地「八千穂レイク」に到着しました。
この管釣り場は信州管釣り反省室でも紹介されています今年オープンの新しい釣り場とのことで期待大です。


それでは実釣です。
天気 : 霧雨
水温 : 14℃
天気が気がかりですが、水温は問題ありません。(前日比不明)


なんと、釣り場には私一人。どこで釣ってもいいんですよ!


で、最初の釣り座をオーバーフロー横の桟橋に決め、沖に向かって3.5gライトニングウォブラーをフルキャスト。
(5グラムを投げないところは、はじめての釣り場で少し遠慮気味)

着水と同時にリトリーブ開始の表層トレースです。
第1投目、ガツンギューンの当たりを期待して集中力を高めましたが、何事もなくスプーンが手元に。

それを数投繰り返しましたが、当たりが全くありません。
こんな状況は、諏訪の 「 蓼の海 」 ではよくあることで、この時点では少しも心配していません。



さっそく、スプーンを交換です。

薄暗い空を考慮して単色系のスプーンのスローリトリーブに変更しました。

これで何か変化あるかな?なんて、気楽な気持ちで当たりを待ちます。
そのうち 「 コーン 」 とか感じる当たりが一回ありましたが、フックアップには至りません。

それでも、先ほどの当たりで遊泳層が少しわかってきました。
近くを見るとアルビノが放流されており、彼らの泳層も当たりのあった層と同じです。



本日の攻める層を表層に決め、広く探る作戦に変更です。
八千穂レイクには九つの桟橋があり、一個飛ばしで桟橋を移動して探ります。

もちろん、何の自信か表層のみの探りです。

ハイ、次

ハイ、次

また、次と軽快に桟橋を移動します。

そうこうしているうちに、気づけば朝から降り続いていた霧雨もやみ、空が幾分明るくなってきました。



そこで、光りもの5グラムスプーンに変更し、太陽光の反射でアピールだ~!!  と



開き直りの気分で、超表層のリトリーブです。
ロッドの先端を高々と上げ、5グラムが沈まないよう、結果的にかなりのファーストリトリーブに待望の
力強いあたりです。

5グラムスプーンには柔らかめのフィールドリーム68がバットから曲がります。
ラインがPEのため首振りの状況がはっきりわかり、魚が大きいせいか首振りのピッチに、ロッドが追従しません。

そのラインのたるみをリーリングで補い、足もとまで寄せてきます。時折、大きな魚体が湖底から光りを反射させ、より大きな魚に見えドキドキです。

魚が見えて安心もつかのま、沖への突っ込みでスプールを逆転させられます。これがまた、止まらずキャスト距離と同じくらい引き出されました。

しばらくして沖への突っ込みスピードも緩み徐々に寄ってくるように・・・。その後、無事ランディング。


やはり60オーバー!!



またまた60オーバーです。



大型魚を売りにする釣り場だけのこの一尾、納得です。


さっそく次の一尾を求め、コースを変えて同じ釣り方でリーリング。


「 ゴツ 」

2れんちゃんです。
完全にパターン発見しました。
そしてまたデカイ。

60オーバーです。



超表層ファーストリトリーブ祭り (たった1時間ほどの間) でその後二尾加えて。トータル4尾で終了。




祭りの後は歌にもありますが、やはり寂しく、当たりが全くありません。

そこで、あづみ野オリジナル 「 あづのこ 40mm 」 投入。
はじめは、スプーンには反応しないがクランクには反応する魚がいるんじゃ?と思い通常のスローリトリーブで探ってみます・・・・・・・・・・・・。

当然のように? 当たりがありません。
ならばと、リールハンドル1回転6秒の超デッドスローリトリーブで超ノタノタアクションに変更してみます。


でも、このメゾットほんと辛い。


こんな大きな釣り場で集中力続きません。
こんな時はきまってよそ見をした時に突然の当たりがあるものです。


「 ググーン 」


たまの当たりに体が反応してしまい、痛恨の合わせ切れ!! あづのこちゃんさようなら(涙)

気を取り直し、再度あづのこ投入。

なんとか最後に  あづのこ 焦げ茶  で仕留めました。

あづのこ


 

一日で何とか5尾まとめることができましたが、途中の 「 超表層祭り 」 がなければ、ボーズの可能性もあり、ひやひやの一日でした。



近頃の管釣りには珍しく、一匹の価値の高い管釣りです。
是非、足を運ばれてはいかがでしょうか。そして、5グラムのフルキャスト気持ちいいですよ!!


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

くりむく

Author:くりむく
この頃
こんな箱を持って
釣り場に行ってます。
見かけたら声をかけ
てください。
くりむくです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。