釣りとルアーと、ときどき陸来。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竿のテストに行ってきました。

夏休み突入ですね! 皆様いかがお過ごしですか?


今回は、グラスロッドの試し釣りに、またあづみ野FCに行ってきました。



今までは、スプーン用のカーボンしか持ってませんから、
スプーンやクランク等々なんにでも使用してました。

使い込むうちにやっぱクランクでは乗りもいまいちで
バットが弱いなーなんて今ごろ感じています。

ガッツリ咥えてクランクを持ち帰るようなしっかりした当たりでもバラシが多く、
さすがに何か対策せねばと考え、近くの釣具店にて聞き込み。

やはりメーカーTSのグラスがいいとアドバイスを頂くも、お勧めのロッドの値段に
驚きで、途方に暮れる。

その店の在庫にヤシのマークのグラスもあるが(1万円ほどお手頃)どうしましょうと
友人に相談したところ、なんと彼所有のTSグラスロッドを譲ってもらえるとの
ありがたいお言葉を頂き、さっそく譲り受け釣りしてみました。




はじめてのグラスロッドに胸高鳴りながらキャストです。
意外と 『ぼてん、ぼてん』 した感覚はなく、すんなり手になじんでいます。

魚を掛けてみると、キャスト時はわりと先調子かと感じた竿が
スムーズなカーブを描き、魚の動きに追従していると感じます。



この感覚がグラスなんだな~なんてにやけながら釣りを続けます。



テストを行った日は、魚の活性がとても低く、ルアーの後ろをゆっくり
ついてきた鱒が


「 チョコン 」と触るのみ。


いつもなら、ガッカリする低活性時もグラス竿のテストにはもってこいな状況なんでは?
と意気込みテストを実施です。


やはり、グラスロッドは竿先の引き込まれ方が非常にスムーズで、
ルアーが口に掛った鱒も気が付かず、巻き合わせをいれた
時点で引っ張られていることに気が付き、鱒もびっくりするほどでした。


まあ、裏を返せば今までロッドを持つ手に伝わる感覚で釣りをしていると
人間側も魚がルアーにアタックしていることに気付かないなんてことかも。


でも、のりがいいのは確かそうです。


写真の彼がびっくりした鱒ではないのですが(これサクラマスですか?)、
あづくり 肌色で釣れました。
サクラマス?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

くりむく

Author:くりむく
この頃
こんな箱を持って
釣り場に行ってます。
見かけたら声をかけ
てください。
くりむくです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。