釣りとルアーと、ときどき陸来。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発泡ウレタンで作ってみましたが・・・。

あづくり開発当初
ボディー材質を発泡ウレタンと決めて製作していましたが、
何かの理由で今の軽量紙粘土に変更しました。


その何かが今になってよく分からなくなってしまったため
もう一度発泡ウレタンで作ってみました。


発泡ウレタン製あづくり

そりゃー紙粘土で作るよりも、発泡ウレタンで作ったほうが下地コーティングの回数を大幅に削減でき、
仕上げも楽。型で作るから形状のバラつきもない。考えてみると利点ばかり。


なのにあえて紙粘土製なのよの再確認です。


泳がせてみると・・・・

ふむふむ  ふーん  うんうん。

やっぱ紙粘土だなー!!。


超スローリトリーブでの動きだしは、ほぼ同じですが、動きというか勢いが明らかに違います。

動きを例えるなら
発泡ウレタン製は蛍光灯。
軽量紙粘土製はキャンドルランタンの炎。

超、つまらない例えですみません。(自分にあきれています。)
でも、こんな感じです。


今作っているルアー、そして今後作るであろうルアー
全て、あのロウソクの炎の揺らめきのような、かすかな何かを加えた動きを求めたいと思っています。


そこがハンドメイドルアーの
一番大切な部分かなーなんて思ったりします。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

くりむく

Author:くりむく
この頃
こんな箱を持って
釣り場に行ってます。
見かけたら声をかけ
てください。
くりむくです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。