釣りとルアーと、ときどき陸来。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あづのこの作り方5

はい!お待たせしました。
今回は紙粘土を使ってあづのこのボディーを成型します。
あづのこの作り方の中でもっとも重要かつ、特徴的な部分になります。

下の写真は、
あづのこ30mm用のシリコン型です。型の中にはまっているものは
元型で、あづのこのお腹側が見えています。
あづのこ30mm用シリコン型



それでは、紙粘土を型に詰める工程です。

この工程では、ルアーボディーの中に隙間なく詰めることが大切です。
これが意外にコツが必要で、表面に凹凸が出来てしまうと次のコーティングで苦労しますので
慎重に行きましょう。
粘土詰め込みのコツについてはルアーの形状によって様々ですが、
あづのこは頭側から押し込んでいくのが良いようです。
紙粘土充填状況



詰め込みが完了しましたら、用意しておきましたワイヤーAssyを粘土の中に押し込んでいきます。
ワイヤーの位置は、お尻側のアイが外に出るように決め、押し込む深さはワイヤー先端がシリコン型に
当たる深さで制御しています。
ワイヤーを押し込み終わりましたら、粘土面にできた割れ目を包み込むように埋めて整えます。
ワイヤー押込み




次に、型抜きです。
シリコン型ですので、両手で型を開く感じであづのこを取り出します。
その後、型抜きで変形した部分やボディーのよじれなどを修正して完了です。
抜き取り



乾燥工程です。
ゼムクリップを伸ばしたフックと100円ショップの食器乾燥棚を利用しています。
乾燥時間はあづのこの場合で、理想は約1週間(冬季)ほど乾燥させます。
(粘土の種類により乾燥時間は異なります。)

乾燥しましたら、お腹側の型開放部のバリをカッターナイフで削り、紙やすりで仕上げて、
ボディー成型完了です。
乾燥状況


次回は、コーティングと塗装関係についてご報告の予定です。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

くりむく

Author:くりむく
この頃
こんな箱を持って
釣り場に行ってます。
見かけたら声をかけ
てください。
くりむくです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。