釣りとルアーと、ときどき陸来。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あづのこの作り方6(コーティング編)

やっと諏訪の地にサクラの季節がやってきました。
でもまだ枝先にちらほらレベルですけど。そして、花粉症がピークを迎えるのもこの時期です。
サクラ花粉症?そんな疑いも・・・。←そんなのあるの?

さてさて、前回のボディー成型も終わり、ただ乾燥を待ってお腹周りの余分な紙粘土を削り(自分のお腹も削れたらな~)、今回は地味ですけど表面のコーティングです。


最初はクリアーラッカーの粘度の低いものに浸け込みます。
この浸け込みという表現に意味がありまして、ラッカーに浸けたまましばらく放置。
紙粘土のボディーから気泡が出るのを確認します。この浸け込みの時間が大切だったりします。
クリアラッカー

ラッカーの工程が終わりまして、次はセルロースセメントに切り替えディッピングを繰り返します。一回浸けるごとに上下をひっくり返して膜厚をつけていきます。
ディッピング状況


ココでちょっとしたアドバイス。←やっとですか
ボディーが乾燥した後、表面の凹凸を整えるためサンドペーパーをかけますが、厚みを増した補強膜を大切にするばかり、ペーパーがけを優しくしすぎますと、後でうねりになってしまいます。

ペーパーは思い切ってやって下さい!


乾燥はこんな感じで、乾燥時間一日です。
乾燥状況(セルロースディッピング)


はい、今回のコーティングは、つまらない工程ですが品質にばらつきの出る部分ですのでがんばっています。
すみません。今回はここまでです。(カラーリングまで進みませんでした。)


次回、カラーリングとリップ取り付けです。


スポンサーサイト
コメント
はじめましてmm
管釣り歴3か月ほどの自分ですが
ハンドメイドルアーに大変興味があり
こちらのブログを見させていただいて
自分も作りたいと思いました!

すごく楽しいブログで
早く続きが読みたいです

よろしくお願いします!!
2009/04/12(日) 00:33 | URL | カレーライス #-[ 編集]
カレーライスさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
ハンドメイド関連のブログにしては内容が薄い
当ブログですが、出来る限り情報を共有していければと考えています。

ご不明な点などございましたら、どしどし連絡ください。
何かお役に立てるかもしれません。
これからも楽しいブログを目指しますので、温かい目で見てやってください。

宜しくお願い致します。
2009/04/13(月) 22:34 | URL | くりむく #a2H6GHBU[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

くりむく

Author:くりむく
この頃
こんな箱を持って
釣り場に行ってます。
見かけたら声をかけ
てください。
くりむくです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。