釣りとルアーと、ときどき陸来。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海にいってきました。

先日海に行ってきました。

諏訪を夜9時過ぎに出発し、漁港到着12時。
管釣り道具に小型ワームをセットし、真っ暗な海へ向けて手探りで投げ続けますが、メバルの当たりは全くありません。
周りの釣り人を観察しますがあまり釣れていない様子。2時間ほど釣りを続けるが
思った以上の寒さに納竿。次のポイントに移動し少し仮眠を取ることにしました。

ひすい海岸で
朝4時半薄暗い中、サーフ用に準備したテンリュウの竿にアイマ製ルアーを結び、
いざ、海岸へ・・・。
「 ザザーン、ザザーン」って当然ですが波の音、
こ、怖い・・・。

薄暗い中、一人で海岸。それも後で聞きましたが今日は波が高いとのこと。

波の様子も知らない海無し県育ちですので必要以上にビビリまくりです。
ちょっと気を抜くと波にさらわれそうな感じ。

地響きを上げるややの大波に怖気づいてはいますが、海用ルアーをなんとか投げてみます。
が、思ったより飛ばない。

蓼の海では遥かかなたが、海では足元・・・(涙
いや、意外といろんな意味で厳しい釣りを実感。そんな状況に苛立ち、必要以上に力を入れてキャストしてみた次の瞬間

「 ブチ!!」

アイマがこのときばかり遥かかなた・・・(また涙

あ~ルアーロスト。一番気に入ってたのに(2個のうちで)
よく考えると泳ぎを見る前に殉職。次の購買意欲もあまりわかないレベルでの殉職。


そう!当然ながらボーズ頂きました。
蓼の海でもボーズ、日本海でもボーズ。あ~あ、ボーズ慣れしてしまいました。


海に行ってきました。

先日衝動買いしたライフジャケットをかかえ海に行ってきました。

目的地は新潟方面。

ETCを使っての片道1,000円作戦です。
海にもプラノ
タックルは
蓼の海の虹鱒にもてあまし気味の7.5ftトラウトロッドと管釣りタックルでの釣りです。

はじめに管釣りタックルに小型ワームを結びキャスト開始。
アクションを付けずにただ巻きで広く探ってみます。

「 コンコン 」

数投目、何かの超ショートバイト!
管釣りで鍛えた?反射神経でそのショートバイトに合わせようと頑張るもどうしても掛かりません。
それでもコンコン当たりは相変わらず続いています。

そのうち、当たりがなくなったのでワームのチェックをすると、
なんとワームが食いちぎられている!!(半分ほど)

ウワ~、メバルにやられた!! ←このときはこんなかんじに思っていました。

ワームを交換して再キャスト。
またコンコン当たりで、ワームチェックでまた半分。
ワームを交換して再再キャスト。
また、またコンコン当たりで、ワームチェックでまた半分。
こんなことを3回ほど繰り返し、ど~もおかしいぞなんて気付くの遅すぎです。

水中を良~く見ると、ワームの後に絡んでいるのはフグちゃん。
このフグがワームをついばみ半分にしていた犯人と確定。

あ~、ガッカリ。

今まで、どんな魚のバイトなのかどきどきしていたのにテンションダダ下がりです。
ここで、小型ワームの釣り終了。




次は、気持ちを入れ替えて、ハンドメイドミノーでの釣りに変更します。
ミノーは以前紹介しました鰯カラーの10cmミノーです。

7.5ftロッドで遠投し、ジャーキングのようなロッド操作でミノーにアクションを与えます。

そのうち、「 モサ 」

生き物とも、海草とも判断が付きにくい、何かが触ったかな?みたいな当たりが・・・。
そのまま、足元までリーリングを続けていたら何かルアーの後についてきているじゃ~ないですか。

それも赤っぽくてかなり大きい。
スズキかと一瞬ドキッとしましたが、どうやらイカのようです。

追ってきたのがイカならば、エギのほうが効率的ではとルアーをエギに交換。
エギに交換してからの第一投目。

なんと素人が操作するエギにスルメイカがヒット。
エギでスルメイカ

残念ながらその後は、さっぱり当たりもなくなりイカ一匹で終了。


ミノーでの釣りはといいますと、
河川の流れ込みを探してランアンドガンで探りましたが、素人に厳しい結果に終わりました。
スズキは次回のお楽しみということで・・・。
プロフィール

くりむく

Author:くりむく
この頃
こんな箱を持って
釣り場に行ってます。
見かけたら声をかけ
てください。
くりむくです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。